×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

恋空と君空

「恋空」についてここまで書いてきて、「君空」というものがあるということを知り、「君空」の携帯小説を読んでみました。

「君空」は、ヒロが美嘉と別れてからのことをノートに綴っていたものを、美嘉がアレンジして美嘉の言葉で書き直したものになるのでしょうね。

「恋空」の小説は読まず、「恋空」の映画を観て、「君空」を読むということは無謀だったかもしれません。

ヒロから見たもう一つの「恋空」なのでしょう。

映画では知りえなかったことがありすぎて、驚きとこの二人の愛の深さも知り、ヒロの激しい心の葛藤があって、とても切なくて切なくて、読まなければ良かったとも思いました。

映画の「恋空」と、小説の「恋空」はあまりにも違いすぎるのではないでしょうか。

読まなければ良かったというよりも、突然映画にしてしまったことが残念でなりません。

そして、小説と映画では一つ一つの出来事も違っていたり、映画ではいくつかの出来事を1つにまとめてしまっていたこともわかりました。

映画は本当に大きな出来事を、拾ってまとめてくっつけてしまっただけの、中身の薄いものになっていたのだということがわかりました。

あれでは何もわかっていなかったと言っても良いくらいです。

映画化より先にドラマ化してほしかったと思います。

そうするとドラマの「恋空」は、また映画とも小説とも違う「恋空」になるのでしょう。

あの内容で自分達の「恋空」がたくさんの人に伝わったと思えたのでしょうか。

映画を観た美嘉はあれでよかったと思えたのでしょうか。

ドラマへの批判

誰もが見やすく美しく表現されてしまうのがドラマでもありますが、このように「恋空」は疑問点も多々あり、批判も多々あります。

特に若年層をターゲットにして、ショッキングなシーンもあるのに、ヒロとの別れを美しく表しているのが「恋空」です。

疑問点や批判が多いから、逆にどこまでが実体験でどこからが書き加えられたものなのだろうと知りたくなり、ますま

ただ、切なく悲しいだけではなく、疑問点や批判が多いのも恋空人気のバロメーターなのではないでしょうか?

しかし、これだけ疑問点が出てきてしまうと、実体験はほんの一部でほとんどが書き加えられたものなのではないかと感じてしまいます。

1つの疑問点を発見してしまうと、ではここは?と次々出てきますから。

私は「恋空」の小説は読んでいませんが、映画での疑問点がドラマではどのように描かれるのかということにもとても興味がわいてきました。

小説や映画を観て批判していた人達も、そういう意味で「恋空」のドラマを見るのではないでしょうか。

更なる批判もあるかもしれない。

新たな疑問点も見つかるかもしれない。

また「恋空」がネットを賑やかす日も来るでしょう。

そして、その疑問点や批判の意見交換が行われるでしょう。

そういう点を踏まえて、違う意味でも楽しみなのが「恋空」のドラマなのかもしれません。

中高校生はなかなか疑問点にも気付かないかもしれませんが、違う視点で見てみることも必要なのではないでしょうか。

サイトMENU

Copyright (C) "恋空"ドラマと映画-感動のストーリー恋空について-. All Rights Reserved.

[PR]ボランティアの心構えボランティア活動の種類芸術・文化に関するボランティア高齢者・障がい者に役立つボランティア福祉施設でボランティア活動治験ボランティアとは何